Facebook Twitter Gplus RSS
formats

「安全な住宅」、その要は免震装置

大地震が起こった時、建物は「壊れなければ安心」ですか?
まだ記憶に新しい新潟県中越地震では、死亡原因の実に60%が地震時の大きな揺れに起因するショック死と言われています。
さらに阪神淡路大震災では、家具の下敷きになってケガをしたり、散乱したガラス・家具などが避難経路をふさぎ
火災から避難するのが遅れたりして、多くの犠牲者が出てしまいました。
このような被害報告からも、単に建物が壊れないだけでは決して「安全」ではないことが分かります。

では、「本当に安全な住宅」とは、どのようなものでしょうか。
その答えが、最近普及し始めた「免震住宅」。
従来の「壊れない頑丈な住宅(耐震住宅)」とは発想がまったく異なり、
建物と地面の間に柔らかな層(免震層)を設け、
地震の揺れを建物に伝わりにくくしているのが特徴です。

揺れ自体を小さくすることで、建物はもちろん家具の転倒など二次災害を防ぎ、
さらに地震への恐怖心やショックを和らげる効果も期待できますよ。

このようにさまざまなメリットがある免震住宅ですが、その要となっているのが「免震装置」。
人目に付かない建物の基礎部分にある免震装置は、まさしく「縁の下の力持ち」です。

さて、一般的に免震装置は「支承機能」「復元機能」「減衰機能」と3つの機能を備え、
建物の基礎部分でそれぞれの力を発揮しています。
まず、「免震」のためには建物と地面を切り離し、地震の揺れを建物に伝えないようにする必要があります。
これを「縁切り支持(支承機能)」と言いますが、通常ビルやマンションでは積層ゴムが使用されています。

こうして縁切り支持によって地面と切り離され建物は、大地震の際にゆっくりと揺れるように。
すると今度は、建物を正しい位置に戻す力が必要になりますね。
この役割を担うのが、バネ・粘弾性ゴム・弾性ゴム・積層ゴムなどの「復元装置」です。

ところで、地震の震動エネルギーを消散しない限り、地震の揺れは止まりません。
そこで登場するのが「減衰装置」。
それにはオイルダンパー・粘弾性ゴム・滑り摩擦などがあります。
免震装置によってしっかりと守られた免震住宅は、
大地震の際に大切な家族の命や財産を守ってくれる頼もしい味方です。

 

Home 免震装置について 「安全な住宅」、その要は免震装置