Facebook Twitter Gplus RSS
formats

最近増えている制震住宅とは?

建築設計上の概念である「制震」は、建物に入力される地震力を建物内部の機構で減衰させたり増幅を防いだりして、建物の震動を低減させます。
そしてこの制震の特徴を活かして建てられたのが「制震住宅」。
建物に制震装置を設置することで揺れ幅や損傷を減らし、度重なる地震にも建物が緩みません。

とは言え制震の場合、地震によるエネルギーをまともに受けることになります。
通常2階建て住宅の場合、地震の揺れは1階よりも2階の方が増幅されてしまいます。
制震住宅はその増幅を少しでも減らそうと考えられたものなので、1階の揺れは通常の住宅とまったく変わりません。

それに構造体が変形し始めることで初めて制震システムが働くこともあり、
理論上では「家が損傷してはじめて効くシステム」ということになります。

もちろん制震を活かした住宅の方が、耐震対策がなにもされていない住宅より圧倒的に損傷も少ないのですが、
あくまでも「損傷をゼロにする」システムではないことを理解しておく必要があります。

最近では制震はメジャーな工法となりつつあり、さまざまな金物やシステムが登場しています。
中でも注目されているのが、「制震テープ」と呼ばれるもの。
数多くの制震システムにおいてほぼ共通しているのが、「粘弾性体」。
地震の揺れを金物や鉄板を介し粘弾性体に吸収させるのが、今までの常識でした。
言い換えれば、粘弾性体に力を伝えるために、高価な金物やフレームに投資しなければならなかったということです。

ところがこの制震テープは、その名の通りテープ(粘弾性体)だけで制震住宅が造れる優れもの。
木造の柱や間柱にこのテープを貼り付け、その上に構造用合板や石膏ボードを貼るだけでよいのです。
地震によって変形するフレーム(柱や梁など)と、変形しにくい面材(石膏ボード・構造用鋼板)の間に入ってその差を小さくする、まさに「無駄な部材がまったくない」経済的なアイテムと言えるでしょう。

例えば40坪の平均的な住宅の場合、今まで50万円~100万円かかっていた制震システムが
この制震テープを使えば20万円~30万円で済むとか。
さらに今までの制震システムよりも、はるかに高い性能が得られるそうです。

 

Home 制震住宅とは? 最近増えている制震住宅とは?