Facebook Twitter Gplus RSS
formats

建物の倒壊は「耐震壁の不足」が原因!?

筋交いや構造用合板などを用いて、地震や台風における横揺れに対抗できる強度を確保した壁を「耐震壁(耐力壁)」といいます。
実は建物は真上からの重さは柱で支えることができますが、横からの力には非常に弱いのです(積み木と同じですね)。
だからこそ、地震などの横揺れに対抗するために耐震壁は非常に有効だと言えます。

ちなみに耐震壁は木造住宅だけでなく、プレハブ住宅でも使われています。
また鉄筋コンクリート構造でもコンクリートの強い壁を造ってそれを耐震壁としたり、
鉄骨造でも「ブレース」という筋交いのような形状で、耐震壁が造られたりしています。
もちろんこれらは、地震などの揺れに対してより強くなるように設けられているものです。

「新耐震基準」が適応される1981年以前に建てられた建物が、数多く倒壊した阪神淡路大震災。
その代表的な原因として、実はこの耐震壁の不足が挙げられているのです。

そもそも基準法においても年代と共に建物に必要な耐震壁の量は変化していますし、
同じ寸法の筋交いでも強さの考え方が異なってきているため、
古い建物ほど建物に必要な筋交いが少ないのはある意味仕方のないことなのですが・・・。

さて、耐震性はこの耐震壁によって確保されます。
そして耐震壁は「筋交い」または「構造用合板」などで構成されています。

代表的な耐震壁と言えば、軸組工法の筋交い。
2X4工法では面材といって構造用合板などが耐震壁として使われ、
また木造住宅ではさまざまな種類の耐震壁がありそれぞれが組み合わさって使われています。

もちろんそれ以外にも、各建材メーカーが独自の試験を行い、
国から認定を受けて販売している耐震壁用の建材もありますよ。

なお、耐震壁はただ単に筋交いを取り付けたり、構造用合板を張ったりすれば良いわけではありません。
実は釘の種類が決められており、さらに打つべき釘の間隔もきちんと決められています。
それに縦横のバランスや1階2階ともに同じ位置に耐震壁を設置するなど、いくつかのポイントもあるようです。
耐震壁としての強さを100%発揮できるのは、やはり「所定の方法で施行されてこそ」なのですね。

 

Home 耐震壁の重要性 建物の倒壊は「耐震壁の不足」が原因!?