Facebook Twitter Gplus RSS
formats

耐震金具で家具の固定も忘れずに

言わずと知れた地震大国、日本。
記憶に新しい東日本大震災をはじめ、専門家の間では「今後30年の間に必ず東海大震災が起こる」などとも言われています。
そんな日本に住んでいるわたしたち、突然やって来る大地震に備え、できる限りの地震対策は事前にしておきたいものです。

地震における被害の中で多く報告されているのが、実は家具の転倒によって・下敷きになる・避難路がふさがれる・破損したガラスや収納物の散乱によりケガをするの3つだそうです。

もし就寝中に地震がやって来て、タンスなどの下敷きになってしまったら・・・。
考えるだけでも恐ろしくなりますね。
震度5以上の強い揺れの地震では家具が倒れる可能性がありますので、耐震金具などを使ってしっかりと固定しておきましょう。

ところで、耐震金具にはいくつかの種類があります。
例えば家具と壁をネジによって固定する「L字金具」。
通常L字金具を止めるには家具側のネジの位置が家具の桟(さん)がない部分になってしまうことが多いのですが、
最新型はねじれたL型になっているため家具側面の桟がある部分に取り付けられるようになりました。

またその他にも、家具と壁をそれぞれネジ止めした金具によりベルトで結んだ「ベルト式」、
ネジ止め不要で家具と天井の隙き間に設置する棒状の「ポール式」、
家具の前下部分にくさび状にはさみ込み、家具を壁側に傾斜させる「ストッパー式」、
粘着性のゲル状のもので底面を接着させる「粘着マット(耐震マット)式」など、さまざまな種類があります。

もちろんそれぞれに特徴がありますので、家の状況に応じて適切な耐震金具を取り付けることをおすすめします。
とは言え耐震金具は、あくまでも安全を補助するものであり常日頃の「地震に対する安全への気配り」に勝るものではありません。
本棚など特に背の高い家具には重いもの・燃えやすいもの・アルコールなどの危険物は乗せない、
幼児・老人・病人のいる部屋にはそもそも家具を置かない、家具は窓ガラスの近くに置かないなど、
できる範囲での地震対策を心がけることが大切です。

 

Home 耐震金具で家具の固定 耐震金具で家具の固定も忘れずに