Facebook Twitter Gplus RSS
formats

気軽に実践!耐震マットで地震対策

比較的大きな地震が頻繁に起きている、このところの日本。
いつ何時、自分たちの住むエリアに大地震がやって来るか分かりません。
だからこそ、家庭でできる地震対策は必須。万一に備え、できることから始めましょう。

阪神・淡路大震災では、建物自体は大丈夫でも多くの家で家具が転倒・落下し、
その家具の下敷きになったり割れたガラスなどでケガをしたりと、多くの被害が出ました。
また家具の転倒でケガをするだけでなく、倒れた家具により部屋の出入り口などがふさがれ、
避難することが困難になることもあります。日頃から家具を固定したり、配置を考えたりして地震に備えることが大切です。

そんな中、最近よく耳にするのが「耐震マット」。
粘着性のあるゴムなどでできているマットを家具や家電の四隅に接着し、
地震が起きた際はゴムの免震効果と床への接着によって転倒を防ぐものです。
基本的には貼り付けるだけで良いので、耐震金具や耐震金物を取り付けるよりも簡単なのが売り。
それに家具だけでなくテレビや冷蔵庫などの大型家電はもちろん、
美術工芸品から骨董品まで幅広く使用できるそうです。

現在ではメーカーによってさまざまなタイプが揃う耐震マットですが、
震度7クラスの地震にも耐えられるものが多く、しかも何度もはがして使用できるので経済的です。

と、ここまで聞けば確かに便利&簡単なのですが、とは言えこの耐震マット、
本当に貼り付けるだけで地震に対して安心なのでしょうか?

そもそも耐震マットは、メーカーなどによって大きさに多少の差はあるものの、
だいたい40・×40・~100・×100・が一般的なサイズ。
そのためパソコンやテレビ・レンジなど、小型家電には有効な手段だと言えるでしょう。

しかし、例えば洋服ダンスや和ダンス・食器棚などの大型家具の場合、
耐震マットの接着面が強力なだけに家具の裏側・もしくはフローリングの表面がはがれて、転倒してしまうこともあるそうです。
そうならないために、タンスや食器棚などの大型家具は、柱や鴨居・壁などにしっかり固定することが大切。
耐震マットのみを使用する場合は、やはり大きさに適した家具・家電を選んだ方が良さそうです。

 

Home 耐震マットによる地震対策 気軽に実践!耐震マットで地震対策